B-INFO

0166-46-5330
お問い合わせ
ビーインフォーでは質の高い技術力によるGISソフトウェアの開発・運用を通じて様々な行政サービスの実現に貢献しています。

入社して一年経ってみて

2020年06月24日

僕は昨年の3月まで高校生でした。(2020年6月現在)

まだまだ新入社員という感覚を持ったまま時が過ぎ、気がついたらもう社会人2年目です。

バイトもしたことがなかった人が、初めて仕事をしてみて思ったことを書いてみます。

最初は教わったこともすぐには覚えることが出来ず、ミスも多々ありました。単に僕の要領が悪いだけなのかもしれないですが、それはしょうがないと思います。すぐ覚えるよりも大事なのは、まとめることと復習することだと思います。とはいえなかなか仕事中に時間も取れないので、短時間でうまくまとめられるようになりたいです。

なんだかこれは勉強に似ている気がします。授業で習ったことはすぐに覚えるのはなかなか難しい(と思います)。授業内容をノートにまとめる。テストで習った問題を解くために復習をする。

こう考えると学校では、授業を受けて頭いい人になるという事よりも、自分にあった勉強の効率のいいやり方を見つけ、これからに活かせるようにするということの方が大事だったのではないかと思いました。

1年経った今では僕はいろいろなことをやらせてもらっています。内容としては入力作業や、仮想環境の構築、ソフトから別ソフトへのデータ変換作業など様々ですが、大事なのは論理的な考えを持つことだと思いました。どうしてそのような結果になったかという過程を考えることで、失敗しても次に活かせることができ、改善策を考えることで効率的な作業方法を思いつくかもしれません。

思ったことを偉そうにこうしたらいいと言ってきましたが、実は僕はこれらのことを全然実践に移せていないので、これからもっと仕事をこなしつつ勉強に励んでいこうと思います。